社会人2年目脱隠キャラ日記−ゴールドジム巡り−

ゴールドジム、筋トレ情報のシェアをメインに、英語学習や副業のアイデアをシェアしてます。

【プロに学ぶ】アーノルド•シュワルツネッガーの1日

こんにちは。

本日は、ボディビル界のレジェンド。アーノルド•シュワルツネッガー氏の1日について。

この人の1日のルーティンは誰よりもハード。

無名な青年であった彼がパッションとハードなトレーニングによって築き上げた成功の秘訣を知るには、

彼の1日に迫る必要があります。

f:id:ko_fit:20200503200958j:image

もし、今の生活が自分に満足の行くものでなかったり、寝る前に「今日もやり切った」と

自分に言い聞かせることが出来なかったりするならばぜひアーノルドのハードな1日を参考にしてみて下さい。

 

f:id:ko_fit:20200503200811j:image

5:00 AM 起床、清掃

アーノルドの朝は早い。この時間に起きて、食事をし、ベットをきれいに整え、そして部屋の掃除をします。

「まるで軍隊のような日々」と語られるほど、自分を統制していたことが分かります。

 

7:00 AM ゴールドジム

あの有名なベニスのゴールドジムで1回目のトレーニングを行います。

彼のトレーニングは凄まじいもので、「彼が来るとジムの雰囲気が一変する、トレーニングの時間だと言わんばかりのオーラを放つ。」

と言われるほど高強度のワークアウトをしていたようです。

 

レーニング後半 タンニング

彼は陽が十分に昇ると、ベニスのマッスルビーチと呼ばれる野外筋トレエリアでトレーニングを行います。

f:id:ko_fit:20200503194612j:image

懸垂、カールをしている時も、プレスの時だって、小麦色の肌が手に入る。

 

レーニング後のランチ

彼がMr.ユニバースから、Mr.オリンピア(世界最高峰のボディビル大会)に駆け上がるときに言っていた言葉が、

Eat big,Get big!

今の世代は研究がだんだんと進み、アミノ酸を飲んだり、やたら食べる時間を気にしたりしている。

そんなことは考えるな!すべてのタンパク質を食べろ。卵、魚、ターキー、牛肉、チーズ

ー全部食べるんだ!

彼は当時、生卵を7個たべ、トマトを丸かじりして栄養を補給。家に帰るとステーキを動物のように食べたいたそうです。

 

就業時間 

彼は単なるボディビルダーではありませんでした。野望はどんどん大きくなり、チャンピオン、俳優、知事と着実に

ステップアップしていったのは後の話。

俳優になる前はトレーナーとして活動。英語が上達するにつれてゴールドジムや、その他のジムでセミナーをやっていたそうです。

 

夕方 2回目のトレーニン

自分の限界との戦いが始まります。彼のトレーニングパートナーのフランココロンボとのエピソードが有名です。

彼は元々脚デカいのに、スクワットを5セット、レッグエクステンションも5セットやるんだ。

そうなったら僕は25セットやらなきゃならない。

彼は朝のトレーニングを終え、ジムを出ると夕方は来ないことがある。

そんな時は自分自身にこう言い聞かせるんだ。

オリンピアまで残り8週間。誰よりもハングリーな奴にならなければならない」と。

彼のボディビルへの深い情熱が分かりますよね。ここまでやったら誰も勝てないのも頷ける。

皆さんは、自分に負けそうになった時どうしていますか?

アーノルドならきっと、そんな時こそ自分に鞭をうって前に進むでしょう!

 

それではまた👋